Line

お米づくりに必要な水のこと


(^o^)

 現在のお米の栽培方式はほとんど水耕栽培ですから、当然水を必要とし
ます。「農業用水」とか「農業用水路」ということばにみられるように水
なしでは、お米の栽培はできません。まったく水を使わない栽培方式もあ
りますが、それはまた別の機会にお話します。「水路」には「用水路」と
「排水路」の二通りがあります。今度気を付けて見てください。なるほど
と思いますよ。
 山間部ですと山から自然に水が流れてくるということもありますが、平
野部ではそうはいきません。昔は小川を流れる自然の雨水を使用しており
ましたが、それだけでは水枯れや水不足が心配です。
そこで現在では、ほとんどの田んぼが土地改良が行われ、
(一般的には地元の土地改良区という団体が農業用水路を設備)
農業用水を確保します。高い所にある湖やため池から水を引いてくるので
す。こうすることで水不足の心配はかなり軽減されます。そのかわり、
この水の利用者は土地改良区に代金を支払います。また、農家の皆さ
んが集まって用水路や排水路の清掃をして、水の流れを良くします。
 一般的には田んぼの耕し方がおわり、代掻きが始まる5月上旬頃から土
地改良区が水を流し始め、6月、7月と流し続けて8月下旬、稲穂が十分
実った頃に農業用水を停止します。この間、水はいつ使っても使わなくて
も生産者の自由です。誰も使わなかった水は、そのまま排水路に流れてし
まうだけです。ちなみに、種蒔き作業など春先には、普通の水道水を使う
しかないのです。

Line


お米づくりから




気になる食の記事をピックアップ

「あきたこまち」の買い方
 皆さんはお米を買うとき、当然のことながら袋に大きくデザインされている銘柄を見ると思います。当然のことです.....

米の検査について
 お米は農産物検査の品種銘柄検査(後で述べますが残留農薬検査や食味検査ではありません)を受けなければJAS.....

発芽玄米で食べる?
 栄養価の高い発芽玄米の炊き方についてお話します。白米を炊くときの要領とほとんど同じですから、ぜひ挑戦して.....

必ず一等米?二等米は?
 生産者がお米を出荷するときは、一般的に玄米の状態で出荷しますが、田んぼで稲刈りをした後、この玄米の状態ま.....

お米のできを左右する日照のこと
 お米のでき具合と日照時間の多い少ないは、ニュースでも良く聞きますね。主食であるお米ですから、生産者のみな.....

Copyright © 2007 食!お米の話@普通の人の毎日の食生活へ. All rights reserved